ただの日記

映画と本の感想と仕事の愚痴

小説

チヨ子(宮部みゆき)

一言でいうと忙しい人のための宮部みゆきだった。 おもしろい、宮部みゆきの作品の王道展開のきもちのいい驚きが好きだし 文章もとても読みやすい。 けど、短編集だからすごくひとつひとつの作品がものたりない、もっとかいて! 心情描写とかほかの設定とか…

青年のための読書クラブ(桜庭一樹)

新刊が出たと思って買ったら新装版だった。 だいぶ昔に読んだけど、いい機会だから久しぶりに読んでみようと思って読んでみた。 桜庭一樹といえば砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けないが一番好きで 伏なんかはあんまり好きじゃない。けっこう作品によって好き嫌いが…