ただの日記

映画と本の感想と仕事の愚痴

チヨ子(宮部みゆき)

一言でいうと忙しい人のための宮部みゆきだった。 おもしろい、宮部みゆきの作品の王道展開のきもちのいい驚きが好きだし 文章もとても読みやすい。 けど、短編集だからすごくひとつひとつの作品がものたりない、もっとかいて! 心情描写とかほかの設定とか…

ジャックとジル(2011)

びっくりした、 面白くなくて。 でもアル・パチーノ出てるし、なんでだ。 話は面白くないけど、掛け合いとかテンポとかはアメリカのコメディとしているから 普通に見れるけど、掃除でもしながらだらだら流すくらいでいいかなと思う。 最後はハッピーエンドだ…

青年のための読書クラブ(桜庭一樹)

新刊が出たと思って買ったら新装版だった。 だいぶ昔に読んだけど、いい機会だから久しぶりに読んでみようと思って読んでみた。 桜庭一樹といえば砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けないが一番好きで 伏なんかはあんまり好きじゃない。けっこう作品によって好き嫌いが…

家族はつらいよ(2016)

西村正彦年取ったな、ってとにかく思った。 釣りバカ日誌シリーズがめちゃくちゃ好き。 そのノリで見たらやっぱり面白かった。 めんどくさい人たち、こういう人いるいる~ってなって本当に 実生活ではかかわりたくないけど見てる分にはおもしろいなと思う。 …

ミスター・アーサー(2011)

女性からしたらシンデレラストーリー テンポがよくて面白かった、 ホブソンが死んだのがとても悲しい。 つよい女性でかっこいい女性なのにホブソンはくまちゃんが好きなところが とてもかわいい。 いちばんの愛情はアーサーとナオミの間ではなくて アーサー…